イベントを読み込み中

« タウン情報一覧

件名 旅を楽しむ・旅で楽しむ ―旅を誘うポスター&名物・駅弁掛け紙展―

 街道が整備された江戸時代、人々は三十三番札所、八十八か所霊場、著名な神社仏閣に参詣しましたが、旅の途中にはその土地ならではの名物があり、旅を楽しませてくれました。明治以降も旅への憬れは受け継がれ、鉄道の発達によって旅はより快適なものとなり、旅を誘う催しも企画されるようになりました。

 板祐生は雑誌で広い世界を知りましたが、旅をする経済的な余裕はありませんでした。時代の雰囲気を共有するために祐生の考えた方法は、「物」を送ってもらうことでした。行けない代わりに「物」を呼び寄せる手法です。発想の転換で実に大胆ですが、そのために自らの能力を駆使して実現に努めました。全国でも特異なコレクターです。

 このたび、祐生にもたらされた大正時代から昭和初期の旅を誘う鉄道開通を知らせるポスター、博覧会や祭のポスターに加え、駅弁掛け紙、各地の名物レッテル等を展示しました。1908年(明治41)から尋常小学校六年、高等科二年となり、それに続く中等学校が整備されるなど、学校教育が国民の間に定着し人々の知的関心は高まっており、科学技術の発達を背景として各地で開催される博覧会は大盛況を呈しました。旅に付随して楽しみにしたのはその土地ならではの食文化であり、昔も今も変わらない楽しみです。祐生コレクッションをすべて展示することはできませんが、時代の雰囲気を感じていただくとともに、当時においても、地方からの発信が力強く行われていたことを感じていただければ幸いです。


出演者・内容など 展示総数 389点 (ポスター30点、名物レッテル130点、駅弁掛け紙229点)
開催日時:2019年04月05日 9:00 ~ 2019年06月03日  17:00
会場:祐生出会いの館(緑水湖畔)
住所:〒683-0343 西伯郡南部町下中谷1008
会場電話:0859-66-4755
チケット:一般:300円(240円)高校・大学生:200円(160円)中学生以下:無料 ※( )は15名以上の団体 ※身障手帳所持者と介護者1名無料
備考:♦とっとり県民カレッジ連携講座
主催者:祐生出会いの館
主催者電話:0859-66-4755

↑ページ上部へ